February 28, 2018

およそ2ヶ月間の工事を得て、外壁部分の全面リニューアルが完了しました。

 

*2枚目の写真は施工前です。

 

熊本地震にて被害を受けた箇所を補修しながら、造形とモザイクタイルをメインに使い仕上がりました。

 

施工前に比べ、結婚式場らしい柔らかい印象の外観になったと思います^^

この後電気屋さんが照明を取り付けてくれるとのことで、夜間の演出がどうなるのか楽しみです♪

 

 

 

March 5, 2017


伊豆の国市、アースバッグにタイルアートが完成!
 
テーマは施主様にちなんだ「仙人・蓮の花・極楽」。
 
今までのモザイクタイルから、大判のタイルをカットして使うことで今までの作品とは違ったテイストに仕上がりました。
 
このスピリチュアルな空間はお風呂場になります^^
 
長いこと制作を行っていた伊豆の国市アースバッグもいよいよ”完成”が見えてきています!
 

 


---------------------------------
DOGEI.llc
http://www.dogeilabo.com/

December 23, 2016

3年ほど前から現在も進行中の伊豆の国市 おとぎの空間づくり。
 
今までにない曲線のある自由な空間、建物自体を絵に描いたように作り上げるのを可能にしているのが次世代工法アースバッグ工法(=土芸工法)。
 
そんな土が主材の”自由自在"なアースバッグ工法をベースに、ログや鉄骨などを組み合わせた空間作りをしています。
 
装飾には"非日常=おとぎ”を演出するような、漆喰、スペイン瓦、タイルアート、壁画などを取り入れています。
 
 
2017年度もさらなる”おとぎの空間”のパワーアップに向け、
新年度より、一緒にこのプロジェクトを作り上...

December 11, 2016


今年の春より始めた円筒型のアースバッグが完成に向け進んでいます。
 
今日はその一部を公開!! DOGEI おとぎワールドをご覧あれ☆☆


 


 
---------------------------------------------
DOGEI ART建築研究所〈DOGEI〉
http://www.dogeilabo.com/

September 3, 2016


モノづくりのスキル、大工・左官・石貼り・タイル等….
そして次世代工法として注目されているアースバッグ工法。
 
これらを一気に学べる環境でマルチビルダーを目指す仲間を募集します。
 
 
日本国内のBIGアースバッグプロジェクト。静岡県伊豆の国市では3年ほど前からアースバッグ制作を始め、アメーバのように連結したアースバッグが建ち続けています。
 
2万坪の敷地内には富士山が拝める露天風呂もあり、極上の貸別荘フィールド内で制作をしています。そんな伊豆の国市の現場で新たに求人を出すことにしました。
 
今回は現在プロジェクトを一緒に...

September 3, 2016


1ヶ月以上を空けての投稿になりました。
 
伊豆のアースバッグ現場では、なんと日本初(?)の全面 "タイル貼り” にて装飾中です。
 
円筒型の一番上の外壁に、モザイクタイルで色付けを行っています。
 
ピンク、白、黄色をベースに、ところどころに妖精や月なども入れています^^
 
完成たら、また全体をアップしたいと思いますので、お楽しみに〜!!
 
 


----------------------------------------------
DOGEI ART建築研究所〈DOGEI〉
http://www.dogeilabo....

December 10, 2015

 どんどん寒くなって、冬が深まる今日この頃。

寒いのは苦手ですが、紅葉の美しさや冬独特のシンとした空気に魅了させる毎日です。

 

今回は、以前紹介した鉄骨の入った”曲線屋根づくり”のその後の報告です。

屋根もふさがり、縁の部分のタイル貼りも進んできています^^

 

前回の鉄骨の報告から、約一ヶ月でここまでインパクトが出てきました!

この屋根は、鉄筋モルタル造で作られているため、写真のような直線のない”曲線屋根”に仕上げることが可能です。

直線のないアースバッグにぴったりな工法です。

 

完成予想として屋上は、最終的には緑化の屋根にしようと考えていますが...

October 27, 2015

アースバッグ外側のモザイクタイルが着々と進んでいます^^

 

白のタイルをベースに赤みのあるタイルと

カラフルなメキシカンタイルをワンポイントで入れています!

 

だんだんと灰色部分がなくなり、可愛く仕上がってきました。

今日は新しくビルダーになった方と一緒に、女性2人で黙々と作業しました!

集中すると、つい時間も忘れてしまいます。

 

造形の上にタイルを貼る場合は、

このあと目地を入れることも考えて、タイルの高さが合うように気をつけて貼っていきます。

 

キワをしっかりと決めて、綺麗に”線”が出るようにすることもポイントです。

たまに遠目から見つつ、全体を...